家庭崩壊の危機と絆の強化に繋がった子供のわきが

子供を連れてカウンセリングに

子供 わきが / 子供ワキガについて

家庭内で異臭騒動!妻はパニック | 子供を連れてカウンセリングに | 最大限子供の心を体のケアをすることに

直ぐに予約を入れてカウンセリングを受けたところ、わきがの懸念が濃厚との診断が下りました。
妻の精神状態は不安定になり、落ち着くようにいったり慰めの言葉を掛けても、気休めは止めるように言い返すようになりました。
自分も子供や妻のことが心配なのでそう素直に伝えましたが、それでも怒りは収まらず、余計に火に油を注ぐ形になってしまいました。
しばらくは会話が減って家庭内の空気が重くなり、家にいるのが辛くなっています。
上の子は空気を読んでか家族と一緒にいるのを避け、申し訳なく思うようになりました。
このままだと家庭が崩壊する、そのように危機感を覚え始めていた中、重い口を開いたのは下の子でした。
喧嘩の原因は自分にあるのではないか、どうしたら仲直りするのかと涙目で伝えてきました。
その様子を目にした自分達は我に返り、協力しなければいけないところを、子供のように意地を張って喧嘩をしていたのだと恥ずかしくなりました。
妻も自分も泣きながら子供達に謝り、下の子には何も悪くないと説明して事なきを得ています。
夫婦の間でもキツイことを言って申し訳ないと伝え、わきがの問題と解消について、建設的に話し合うようになりました。